top of page
検索
  • 執筆者の写真山口県こども食堂 支援センター

報告【交流会&運営セミナー@宇部地区】

柳井地区、岩国地区に続き、今日は宇部地区での開催でした。

食材費の値上げに耐えきれず参加費を値上げした話や、「ジモティ」でボランティアを集めている話が出ました。

たまたま夜開催のところが多く、学童保育の現状や、高齢者の利用が多いことなども話題にあがりました。

朝ごはんを再開したところは、たくさんの利用者がいて、その日は学校のトイレが混雑した(笑)と話されていました。

アドバイザーの大城コーディネーターからは、下関市のネットワークの紹介をしていただきました。また宇部市からも3人の職員さんがご参加くださり、プレーカーの出張や研修の案内など、宇部市が羨ましくなる情報の提供がありました。



閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

募集【緊急開催!「子ども食堂の被災地レポート」】

1月1日に能登半島を襲った地震。今なお避難所で不便な暮らしをする人々をニュースで拝見するたびに、「子ども食堂にできることはないのだろうか?」と胸を痛めている方も多いと思います。 この度、山口県長門市にあるこども食堂を運営するお寺のご住職(荻隆宣さん)のご紹介で、同じ宗派のお仲間で、発災直後から被災地の支援を続けている八幡さんにお話を伺えることになりました。支援活動でたいへんお忙しい中、時間を割いて

bottom of page