• こども食堂支援センター

山口市防災危機管理課より寄付を頂きました

山口市では災害に備えて備蓄用の保存食(インスタント食品等)を準備しています。食品には賞味期限があるので、期限が切れる前に市民の方に有効に使っていただいているそうです。 この度、山口市こども食堂ネットワークに寄付をしていただきました。 ネットワークを通じて、市内の食堂で活用をしていただく予定です。あわせて、各家庭での備蓄の重要性の広報依頼されました。どうも有難うございました。

99回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

子ども食堂 スキルアップ研修を開催します

令和2年度山口県子ども・子育て応援ファンド助成事業 子ども食堂 スキルアップ研修「中本忠子さん講演会」 「ばっちゃん」の愛称で知られる広島市の中本忠子さん。子どものお腹を満たすことを何よりも大切に、毎日食事を提供する活動を40年以上続けておられます。コロナ禍で活動が制限される今、中本さんのお話から子ども食堂の原点を見つめ直します。 後半、グループディスカッションの時間を設けます。感想の共有、情報交