top of page
検索
  • 執筆者の写真山口県こども食堂 支援センター

こども食堂をお探しの方へ

現在、山口県内のこども食堂は多くのところが開催を自粛しています。 令和2年4月2日厚生労働省からの事務連絡では、「子ども食堂の運営にあたっては、地域の感染状況を踏まえつつ、感染拡大の防止に向けた対応を行う」こととしており、一律に休止等の状況にはありません。

食堂の中には、お弁当を配布したり、食品を届けたりといった活動をしているところもあります。 また、やりたくても肝心の会場が使えなかったり、学校が休みのため広報の手段がなかったりというところもあります。 個々の活動については、日々状況が変わっていますので、各食堂または本センターにお問い合わせください。

どの食堂も、一日も早く活動を再開し、みんなと食卓が囲めることを願っています。また本センターでも、各食堂の判断を尊重しつつ、引き続き活動を応援していきます。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

募集【緊急開催!「子ども食堂の被災地レポート」】

1月1日に能登半島を襲った地震。今なお避難所で不便な暮らしをする人々をニュースで拝見するたびに、「子ども食堂にできることはないのだろうか?」と胸を痛めている方も多いと思います。 この度、山口県長門市にあるこども食堂を運営するお寺のご住職(荻隆宣さん)のご紹介で、同じ宗派のお仲間で、発災直後から被災地の支援を続けている八幡さんにお話を伺えることになりました。支援活動でたいへんお忙しい中、時間を割いて

bottom of page